--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-29

体のこと

あと少しで五月も過ぎていこうとしています
推命では暦の月初めがだいたい一週間ほどずれています
なので
五月があと十日ほどあるということになります
一般的な暦
推命の暦
それに旧暦などもいれると頭の中は混乱状態

社会がスムーズに流れるためには便宜上の暦が必要ですね

でも体の暦は
自然の流れー冬至、夏至、春分、秋分ーを
基本に考えることが
人も自然の一部として腑におちるようにおもいます

なぜなら ひとの体も四季の流れそのものの
動きをしているからです

六月は推命では夏の盛り
ちまたでははや梅雨入りとか
日本の夏はやはり湿度の夏です
体がこの湿度のための準備を
し始めます
どういうことか
一度、頭で考えるのではなく
体の声を聞いてみてはいかがでしょう
スポンサーサイト

2013-05-04

体のこと

連休真最中、いつもより時間の余裕があるなら
すこし体の声に耳を傾けてはどうでしょう。
それも心を無にして
ただ体のすみずみに息をいきわたらせる
そんな気持ちで自分の体を意識していくと
意外と自分の体がわかっていないことに
気づきます。

四柱推命は五行の世界ですが
体にも五行が配当されています。
そしてその五行のバランス
拮抗ぐあいによって
病がどこにあらわれるか
予測できます

いいかえると
体の五行がスムーズに
逡巡すれば健やかということになります。
そして体が健やかということが
すべての土台ともいえますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。