--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-29

新しい時代

ー八月もあと少し、4ヶ月あるとはいえ今年も
あっという間に過ぎようとしています。

毎年十月の終わりぐらいから次の年の
流れを鑑定するのですが
去年は
「来年は大変革の年で今までと違う
価値観、志向、視点の見直しを
余儀なくさせられる」と言い続けていました。

今年の初めの「暦の会」でも
今年はとにかく今までにないことが
起きると、ただどんなことが起きるのかまでは
わかりませんでした。

人にとってのきびしい試練ということしか
わかりませんでした。

みんなが行くから、みんなが言ってるから大丈夫!
ということが通用しなくなって
自分の考え、直観が
本当に大事な時代がきています。

そしていつの時代にも
変わらずにあったのは

ふりそそぐ陽の光、
そよぐ風、
澄んだ水の流れ
やさしい緑と
それらすべてを
受け入れる地球そのものの大地です。

やはり今一度
そのことを
意識しなおしたいものですー


いつもコメントくださるくんくんさん
ありがとうございます   GINKO
スポンサーサイト

2011-08-17

送り火も済むで

ーこの2週間の間
原爆慰霊、震災の日、終戦記念と
亡くなった人びとに思いをはせる日が続きました。

このやりきれない暑さのなかで
やりきれない思いを
共に感じる、そういう日々でした。

人の手におえない
見えない大きな力を
もっと畏怖しなければなりません。

原発事故の周辺の
自然界の動物たちはどうなっているのだろう?
意外と本能のセンサーで
人より早く逃げ延びているかもしれませんね。

人も動物のはず
頭で決めつけないで
センサーが敏感に働くような体に
したほうがいいです。

そのためには
自然の事象をよく知ること
自然の五行と
自分の体の五行と
通じるところを体で感じること

中学校で四柱推命を
教えたらいいのにと
本気で思っていますー

同感! GINKO

2011-08-02

らしく生きる

kanbankitahama.jpeg
いきなりのタイトルですね

ー先日、北浜の忠兵衛ビル8Fに
オープンしたヒーリングバーのオーナーは
オープンの日取りを相談に来られたのですが
そのバーの看板を
創られた「鉄」の作家I氏は奇遇にも
何年か前に鑑定をした方でした

I氏は四柱推命でいうところの
火(ファイアー)のひと
鉄を溶かして形を変えるのには
ぴったしの人

天職といえるでしょう

木、火、土、金、水の五行
それぞれに陰陽があって十干

誰もみなこの十干のいづれかに
配当されます
自分が何か を知って
適した生き方をする

まさに らしく生きる ですね

そのために四柱推命が
あるように思われますー

なるほど GINKO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。